仮想通貨、無料でどこまで出来る!?

仮想通貨界隈の話題を自分の試行錯誤をもとに綴るブログです

スポンサーサイト

-
きょん
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【bitFlyer LightningFXのリスクはどの程度!?】リスクゼロで始める仮想通貨取引完結編

1 Comments
きょん
なんと、一週間も間が空いてしまいました。ネタばかりが貯まってしまい...
とか、どうでもよくて、今日はいよいよ、前回記事に書いたことを実践してみた結果を書きます。
また、二人で同時と言うのはなかなか実践できないかもしれないので、私が一人で実践してみた記録です





bitFlyer LightningFXでさくっと0.2BTCの取引高を達成する





PCでもスマホのアプリでもいいですが、まずは前提として以下の条件で実践します。

・初期入金額:5000円程度
・レバレッジ:10倍

初期入金額を大きく取れる人は、レバレッジを下げるなりして、読み替えてください。

ちなみに、私は、この回の記事で書いたハピタスのポイントを使って実践してみました(笑)

方法は、前回書いたとおり、一人で反対売買を必要な回数繰り返すだけです。

こう書いてしまうと、身も蓋もないですね...

身も蓋もないんですが、ホントそれだけです...

ちょうどこの記事を書いている直前の一週間、BTCが急騰と言っていいくらい値上がりしました。 FXでレバレッジをかけた取引をするための必要証拠金は、BTCの価格で変動しますから、実際に試すときにはそのときの相場で計算しなおしてみてください。

計算例をあげてみます。

0.2BTC分の取引高を作るためには、0.05BTC分の取引を4回すればいい。
では、その0.05BTCの取引をするためにいくら証拠金が必要か

例:BTCJPY=95万円のとき
0.05BTCの売買を行う→レバレッジ10倍であれば、必要証拠金は4,750円
同様にBTCJPY=80万円であれば4,000円で済むし、100万円であれば5,000円必要になります。

軍資金5,000円だと、ギリギリですね。

ここまで書いてて思ったのですが、既に何らかのFXを手がけたことがある方なら、もう要領は分かると思いますので、好きに売買して0.2BTC分の取引高を作ってください(笑)

もし売買で負けが続くと、必要証拠金が足りなくなって、その数量を売買出来なくなるので、余裕を少し見れば0.04BTCを6回でもいい(今は、最終的にノーポジションにするため、偶数回の売買で考えてください) 必要証拠金が足りない状態で、オーダーを出そうとすると、

bitFlyer オーダーパネル 警告 

このように警告が発注パネルに出て発注できません。当たり前ですが。

bitFlyer LightningFXのオーダーパネルはこのような感じですが、「指値」で注文していつまでも約定(注文が通って実行される)しないなら意味がないので、今回は「成行」で行きます。

birFlyer オーダーパネル

売りで入っても、買いで入ってもどちらでもいいですが、売買したら、すぐに反対売買します
今回の例だと、売買1往復で合計0.1BTC分の取引をしたことになるので、それを2回繰り返せばOK。

なぜ、すぐに反対売買するのかと言うと、最初に売買してから時間が経てば経つほど、売買価格との乖離が大きくなる可能性が高いですから、利益が大きく出る確率も、損失が大きくなる確率も、どちらもあがる。

つまり、リスクが高くなるわけです。

前回の記事で書いたように、今回の目的はいかにリスクを減らしながら6000ポイントの獲得を満額に近づけるか(変な言い方ですが)という事です。

取引で儲けることが目的じゃなくて、取引で発生する損失リスクを最小限に抑えて、0.2BTCの取引高という条件をクリアする。

要するに、6000ポイントを獲得するために、同額以上の損失を出すリスクが高いのであればやる意味は無いですよね?

なので、まずはすぐに反対売買して取引高を0.2BTC分作ります。

やることは簡単ですが、2点ほど注意しておきましょう。

・チャートは良く見るようにしてください

bitFlyer チャート

間違っても、赤丸の中のような状況でやらないほうが...いいに決まってます。

これやるときは、緑線のような穏やかな状況でやってください。

・サーバが重い、ボタンの反応が鈍いからって、何度もマウスクリックしない

確認のダイアログを出さないように設定している場合は、クリックした回数だけ発注がかかってしまいますから要注意です。私はやらかしました(笑)

さて、どのくらいリスクがあるでしょうか...

取引結果を検証



それでは、結果を検証してみます。

bitFlyer 取引結果 

売買の発注を4回繰り返しただけなので、かかった時間は15秒ほど(笑)

値動きが少なかったこともあるのですが、このときの実際の損益は1往復10~15円ほど!!!

こういうことです。

1往復目:
0.05BTCの購入=44,149.35円。購入金額44,150円(必要証拠金は4415円)
0.05BTCを売却=44,135.6円。売却金額44,136円
損益:-14円

同様に2往復目は:
損益:+10円

(※bitFlyer LightningFXの計算規約で、小数点は切り上げです。詳細はLightning FX(ビットコイン FX)とは?を参照してください)

例えば、ものの数秒の間に1000円動いてしまったとしても0.05BTCの売買ですから、50円。

それを2回繰り返しても100円。

birFlyer LightningFXは現在のところ日付が変わるときにかかるスワップポイント以外に手数料はかかりませんから、日をまたがずにこの取引を行うことで、価格の変動以外のリスクは最小限に出来ます。

実際に売買を行ってみればわかりますが、値動きがないときはホント動かないし、逆に先のチャートの赤丸内のように、一気に動くときもあります。

なので、今回のような目的があるときは、値動きの少ないときを見計らって、すぐに反対売買する。

そうすることで価格変動のリスクを減らしながら取引高をあげることが出来る。

結果、 ハピタス経由でbitFlyerの口座を開設した人は、無事に6000ポイント(6000円分)ほぼ満額もらえる ことになる。わけです!^^

前回の記事で、5,000円飛ばしちゃった!って人が出てきましたが、それが完全なネタであることもわかりますね(笑)。

また、0.2BTCの取引高と言うと、やっぱ20万円近く必要なのかぁ、と思ってしまいがちですが、FXをうまく使うことで、少ない手元資金でも容易に、リスクを抑えながら取引できることが分かります。

もし、この記事をみてやってみる人、4月中にやってしまったら、月末には日本円25,000円分の残高は残して5月を迎えてください。そうしないと、せっかく取引高を達成しても、6000ポイントもらえません。詳しくはこの回の記事を参照してください。

もちろん、5,000円を元手に月末までに25,000円分の残高を作れたら最高ですけどね!

最初に書き始めたとき、お金貰って取引を経験できて、うまくいけば最初から儲かってしまうかも知れない。

そんな話しを書いたら、誰も信じてくれないんじゃないか!?何て考えながら書いていました。

一連の記事で紹介したやり方以外にもリスクを抑える考え方や、手法はたくさんあります。

Faucetで少しずつ貰う以外に、こういった方法のひとつを使って実際の取引に馴染んでいけば、仮想通貨取引のハードルは大きく下がると思います。



さあ、これで、「私の記事が読みにくかった」と言う以外には、アナタがやらない理由は無いですよね?(笑)

リスクゼロで始める仮想通貨取引 完

今回の記事、やってみよう!いいなと思った方ポチッお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

あとがき



この記事は、
・「まだの人は必見!ハピタスを利用して無料で仮想通貨投資する方法
・「ハピタスで貯めたポイントをビットコインに!実践編
・「販売所と取引所、そして裁定取引(アービトラージ)!?
と続いてきた、リスクゼロで始める仮想通貨取引の完結編です。

ハピタスに登録して、bitFlyerの口座を開設、条件をクリアして6000円分のポイントを貰う

までの手順を綴っています。単に、6000ポイントを最短で貰いたいだけの人は、流し読みで手順だけ拾っていってください。難しくはないはずです。ただ、これから仮想通貨取引を始めようとしている方は、いろいろなヒントやネタ等も書いていますから、じっくりと読んでみて進めていってください。

まだハピタスに登録していない人がいたら、ぜひここから登録して、実践してみてください。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
スポンサーサイト

販売所と取引所、そして裁定取引(アービトラージ)!?

0 Comments
きょん

こんばんは、きょんです。

販売所と、取引所について、以前の記事で、少し触れました。

今日は、それらの違いを確認しつつ、ハピタス経由でもらえるbitFlyerの6000ポイントを確実にもらえるようにします。

bitFlyerにおける仮想通貨取引

販売所と取引所

bitFlyerでの説明を引用してみると

ビットコイン・アルトコイン販売所では、お取引の相手はbitFlyerとなり、bitFlyerの提示する価格で売買することができます。ビットコイン取引所およびbitFlyer Lightning(プロ向け取引所)では、お取引の相手は他のお客様等となり、価格はお客様同士の需給によって決定します。ビットコイン取引所およびbitFlyer Lightningでは、指値注文も可能です。

出典:bitFlyerヘルプ

WEBで検索しても、同様の説明が多いですね。

このヘルプを見に行くときって、

どう違うのという定義そのものより、結局

どっちで買えばいいの(得なの)?

が知りたくて行くはずなんですが、残念ながら、

そのものずばりの答えは、ここには載っていません(笑)

ま、すぐに分かってくる事、といってしまえばそれまでですが、私は最初わからなかったです...

手数料無料と言う言葉につられて、販売所が安く買えると勘違いしてたくちですから...><

今日のブログを読めば、販売所、取引所の違いと、それぞれどんな状況のときに利用したらよいのかが絶対分かるようになります。


販売所の手数料無料という売り文句のからくり

ちょっとこういうシチュエーションを考えてみましょう。

皆さん海外旅行とか行くとき、どこで両替(ドルを買う)してますか?

「海外旅行に行くからドルが欲しいっ!」
「帰ってきたから、余ったドルを円に換えたいっ!」

方法は二つ、

(銀行、両替所):店頭の両替レートでドルを売買する
(為替取引所):トレーダーが値付けしているドルを売買する

よく為替のニュースが流れるときに、為替取引所の様子(下の写真右)が映ることがありますが、

為替取引所では一般の人が売買することは出来ません

販売所と取引所

直接取引所を利用することは出来ないので、上の写真左のように、

銀行や、空港などにある両替所で両替することになります。

そしてそこでの両替レートは、ニュースやFXで見る為替相場より、ずっと悪いですね。

そりゃそうです、

銀行や両替所が手数料と言う名目で、利益を乗せて売買している

わけですから。

仮想通貨において同様のシチュエーションを考えると、

「ビットコインが欲しいっ!」
「ビットコインを売りたいっ!」

となったときに、

(販売所):bitFlyerが提示するレートでビットコインを売買する
(取引所):ユーザが自由に値付けをしているビットコインを売買する

こういう選択肢があるわけです。

販売所で仮想通貨を売買するのは、両替所でドルを売買(両替)するのと同じ

そして、

仮想通貨の場合、私たちも直接取引所を使って売買することが出来る

のです。

販売所と取引所の違い

上の図にあるように、販売所で売られているビットコインには、bitFlyerが仕入れて、利益を乗せて売っているわけで、

買うときにさらに「販売手数料」を上乗せ要求されることは今のところありません

これが、「販売所での(売買)手数料は無料です」という言葉の意味であり、からくりです。

そして、仮想通貨を売買するときは、先に書いたように

外国為替などと違って、私たち一般の人でも直接取引所を使って売買することが出来ます

一般の人も取引所を利用できるようにしてあげた(取引場所の提供)代わりに、

取引していいから、場代として売買のたびに、手数料取るよ

という事です。

取引所を利用して仮想通貨を売買するとき、

私たちは、取引所の利用料として手数料を支払う、ことになるわけです。

手数料一覧の表では、「販売所の手数料は無料」と書いてありますが、

「販売所で利益を取っていません」とは書いてないし、

決して

「販売所は、手数料無料でビットコインを安く売ってくれている場所」

ではないのです(笑)

これで、bitFlyerのヘルプの書き方が巧妙な日本語で書いてある理由がわかりましたね。

bitFlyerの取引手数料はこちらで確認できます。


販売所と取引所との価格差

細かいことですが、販売所と取引所、どっちがトクかを理解するためには大事なことでもあるので、どの程度価格に違いが出てくるのかみてみます。

マーケット価格(2018年4月14日 04:35現在)

bitFlyer マーケット価格

この時点での販売所と取引所の価格差は約0.53%。

販売所での売買価格はこのようになってました。

bitFlyer 販売所価格

購入価格と売却価格の中値は、874,665.5円となり、ほぼマーケット価格(販売所)の価格です。

ですから、販売所での売買価格はその±2%程度上下の値付けがされているのだと分かります。

販売所で買っても、取引所で買っても手に入ったビットコインは同じものです。

だから、販売所でビットコインを購入すると、少なくとも購入時点から2.5%以上はビットコインの相場が上昇しないと利益が出ないことになります。

つまり、販売所でビットコインを購入したら、その時点で含み損を抱える、というのはこういうことです。

取引所で購入しても手数料はかかりますから含み損を抱えないわけではないです。

しかし、その含み損に相当する手数料は、ごくわずか(現時点で最高0.15%)ですから、10倍以上違いますよね?

1000万円分のビットコインを購入するのに、25万円程の含み損を抱えて購入するのと、もう一方は15,000円(実際にはもっと少ない)ほどの手数料で済むのと、どっちを使いますか?

値上がりしたときに、どちらのほうが大きく利益を確保できると思いますか?

という事です。

ん。。。!?

むむっ。。。!?

うん、わかった、

だったら誰も販売所では買わないジャン!と思うかもしれません。

でも、販売所には存在してもらわないと、それはそれで困ることも出てくるのです...

最低取引価格

bitFlyerのヘルプから引用します

ビットコイン販売所では最低取引単位は0.00000001BTCです。

イーサリアム販売所では最低取引単位は0.00000001ETHです。

ビットコイン取引所・bitFlyer Lightningにおける最低取引単位は0.001BTC です。 bitFlyer LightningにおけるETH/BTCのお取引の最低取引単位は 0.01 ETHです。 価格はマーケット情報をご確認ください。

出典:bitFlyerヘルプ

ものすごく小数点が多くて分かりません!とか言わないでw

大体1BTCが85万円とするとこうなります。

 最低取引単位日本円換算(1btc=85万円)
販売所0.00000001BTC0.0085円
取引所0.001BTC850.0000円

販売所では、日本円換算で1円以下のごく小さな単位でも取引できることが分かります。

このブログでよく出てきていた単位、1 Satoshi(1億分の1BTC)単位です。

ですから、Faucetから手に入れて稼いだ、0.001BTC未満のごく少額のビットコインなどでも、販売所でなら売ることが出来ます。

送付手数料のほうが高くついてしまいそうな、そんな少額の仮想通貨でも、販売所であれば売買することが出来るんです!

以前の記事で書いたbitWire(β)で個人間で少額のビットコインをやり取り(送付手数料無料)するときなど便利。

ところで、その送付手数料ですが、先の手数料のページを読むと、

bitFlyerでは、ビットコインの送付手数料(送金ではなく送付となっています)は

0.0004BTC ≒ 約340円(現時点)

かかると書いてあります。

それ以下のビットコインを持っていても、別のウォレットに送付しようとしたら、送付手数料のほうが高くついてしまい送れません!

ですから、販売所の利用価値がないなんてことは全くなくって、

仕組みを知ってうまく使い分ければいい。

という事です。

※bitFlyerについて解説したサイトで、結構Google検索の上位に表示されるページでも、この最低取引額については、不正確な記述になっているページがありました(情報が古くなって、結果、不正確な記述になっているだけかも知れません)。また、手数料に関しても、現在は販売所での手数料は無料となっていますが、「2週間前には告知」と書いてあるように、今後手数料がかかるような設定になるかもしれません。取引される際には必ず、みなさんご自身がbitFlyerの公式のヘルプで確認するようにしてくださいね。手数料などはちゃんとここで確認できるんですから。

念のため、少額を販売所で購入して確認してみたのが以下です。ちゃんと9円で購入できていますw
スマホのアプリからですと、ボタンは0.01までしかありませんが、キーボードで入力すればちゃんとそれ以下の単位で購入できます
0.00001BTC

これでようやくまとめることが出来ます。

販売所と取引所の使い分け、まとめ

  • 最小取引単位を超える、通常の売買には取引所をつかう。
  • 販売所を利用した売買を行うのは、取引所での最低取引価格に満たない、少額の取引を行う必要があるとき。

販売所でしか売買できない仮想通貨もありますが、どちらでも可能な仮想通貨の場合は、これを基準にしておけば、スッキリします。

どう?どう?どう?

どう!?どう!?

スッキリしました!?(笑)

うーん、以前はもっと販売所の売買価格差が大きかった。。。ですよね?

私、前に書いた記事で、「買った瞬間に10%近くの含み損」云々って書いてました。今はそこまでじゃなくなってますね、後ほど以前の記事を訂正しておきます。


さあ、これで、

ハピタス経由でbitFlyerに口座を開設したら、30日以内に0.2BTC相当の取引をして、6000ポイントをいただく

ための準備は整ってきました。

間違っても、販売所で売買しないでね(笑)。

最後に、もうひとつ、リスクを最小限にして取引高を上げる方法を覚えれば、さっそく実践します。

裁定取引(アービトラージ)

いきなり、新しい言葉が出てきてすいません、

裁定取引(アービトラージ)とは

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。

出典:SMBC日興証券 はじめてでも分かりやすい用語集より

分かりやすいかどうかは、読んでる人にもよるのでおいておくとして.....

仮想通貨は値動きが大きく、同じ通貨でも取引所によって流動性の多少が主な原因で、取引価格がかなり違うことが多く見受けられます。

裁定取引は、その取引所間の取引価格の差を利用して売買を行うことで利益を上げる方法で、

専用の自動売買、アビトラツールなどと言ってソフトが販売されていることもあります(情報商材屋でもよくありますね)。

よく理解しないまま、そういったツールに頼ったりすることは全くおすすめしませんし、

裁定取引(アービトラージ)について、もうちょっと詳しく、実践的に知りたければ、

アービトラージ(裁定取引)とは?~「必ず儲かるやり方」に潜む甘い罠~

こういう丁寧な解説を書いてくださってる人がいるので、よく読んで、よく考えてから実践してください。

こんな小難しいことを知って、何をするのかとお思いでしょうが...

裁定取引自体は、リスクを抑えながら着実に利益を出す方法のひとつですが、実践するにはハードルも高い方法です。

しかし、裁定取引そのものを行うのではなく、

今はbitFlyerの中だけで、裁定取引のエッセンスだけを使います。

意味が分からん。。。ですよね?

大丈夫、知ってしまえば簡単すぎで拍子抜けしますし、後から振り返ればなるほどね。

になるようなことです。

先に答えを書いておきます。

bitFlyer LightningFXを使って、二人同時に反対売買を繰り返す。

以上(笑)。

やり方をもう少しだけ詳しく書くと

0.安全のためにレバレッジはかけずに(1倍)します

1.二人で、片方は売り、片方は買いで同時に注文します。

価格は注文成立後も変動します。変動すれば、片方は損失が発生し、もう片方は利益が出た状態になります

2.それぞれが同時に、1.でやった取引の反対売買をして、損失または利益を確定させます。

以下、1,2の繰り返し。。。

簡単すぎてビックリ

ええっ!?

簡単すぎて拍子抜けしましたか?

ポイントは、

上下どちらに動こうが、必ずどちらかに損失が出て、もう片方は利益がでます。

つまり、二人合算するとほぼイーブンです。

なおかつ、取引高は、二人ともあがる

ということです。

ほぼイーブン、と言うのは、スプレッドという売買価格差があるので、きれいにお互いが指値で注文を成立させない限り、全くイーブンにはならないからです。

これを繰り返すことで、すぐに日本円換算で0.2BTC分の取引高を達成させることが出来ます。

どの時点であっても、二人同時に反対売買すればOK。

二人で5000円ずつの軍資金だとして、成行だけでやるなら、早くて1分、ゆっくりやっても3分もあれば終わります。

明らかに相場が一方的に動いているようであれば、その取引自体で利益を出すことも簡単に出来るかもしれません。

しかし、まずは二人でお互いのリスクヘッジをしながら取引高を増やすことを目指してください。

そうです。今の目的は、取引自体で儲けることではなく、

いかに早く、条件判定に必要な取引高を達成するか

なのです。

そうすれば、6000ポイント、二人でやれば12,000円相当は自然と手に入ります。

そもそも投資に対する考え方はいろいろな方法論がありますし、

実践するための、さまざまな手段が用意されています。

それらを、そのときの目的に応じて、上手に使っていけばいいと思っています。

今回は、

「口座を開設した後、いかにリスクを最小に抑えて、合計0.2BTC分の取引高を達成するか」

という明確な目的がありましたので、こんな方法もあるという事を紹介してみました。

二人いるんかいっ!!!

って言わないでください。bitFlyerは両建てが出来ないので、損失リスクはあがりますが、一人でも出来ます。

そう、買っても売っても、すぐに反対売買すればいいだけ。

自分が売買した方向に値が動けば、しばらくホールドして反対売買してもいいですが、

そんなことはこれから先ずっとやることになります。

まずは、取引高を増やして、6000円手に入れましょう。

えっ、何?5000円の元手がなくなった?

嘘でしょう。。。

レバレッジかけたでしょう?(笑)

かけてない!?

ん?かけずに、それだけ取引したのなら0.2BTCの合計取引高はとうにクリアしてるはずでしょ?

うん。。。

じゃあ、6000円返ってくるんだから、それでも儲かってるじゃん?(笑)

!!!

でも、そんな管理しか出来ないんだったら、6000円は戻ってきても、仮想通貨取引には戻ってこないほうがいいかも、ね。。。><

投資で確実に儲かる方法なんてないけど、こんなにリスクを抑えて、仮想通貨の取引を経験できるなら、やってみない理由はないと思うのです。

次回、「0.2BTC分の取引高を作るのに、5000円元手に一人で実践するとどの程度リスクがあるのか」につづく...


と言うわけで、今回書くに当たっては、いろいろ検証したり、慣れない図を描いてみたり。。。

思ったより時間がかかってしまいました。

でも、私自身が分からなかったことを調べたりしたことは、きっと同じように思っている人がいると思って書いています。

これからも、実践したことをアレンジしながら、日々綴っていこうと思います。

ブログを始めてまだ2週間ほどで、広告の載せ方とかもまだ良く分かってない状態ですが、私も、少しずつパワーアップしていきます。

今回で、ひとまず

ハピタス~bitFlyer口座開設~6000ポイントを確実にゲット

の道程は書くことが出来たので、次回を書いて一旦このシリーズを完結させてから、いつものFaucet巡り(笑)に戻りたいと思います。

Faucet界隈もいろいろ動きがあったので、書きたいことはいっぱいあるんです^^。

それでは、今日の記事で、ちゃんと儲かった人はブログ村のボタンやハピタスや、いろいろ押せるものはポチポチしまくって応援してください(笑)

よろしくおねがいします!

ではっ!^^/

仮想通貨の保有者はたったの2%!?そして、いま、北の国が熱い!!

0 Comments
きょん
 ちょっとビックリした調査結果がありました。

仮想通貨保有者たった2%

仮想通貨の認知率は8割強。直近1年間の保有者は約2%、男性10・20代では1割弱。保有していないが興味ありは1割強
<TOPICS> ■直近1年間の仮想通貨保有者は約2%、保有経験者は約3%。非保有・興味ありが1割強、非保有・興味なしが7割弱。認知率は8割強。男性10・20代では直近1年間保有者が1割弱 ■仮想通貨の保有意向者は約8%、男性や若年層で高い。直近1年間の仮想通貨保有者では7割強、非保有・興味あり層では4割、非保有・興味なし層や非認知層では各1%


そうか、私たちは実際のところ



クラスに一人も居ないような存在



さらに、10代、20代では約1割が保有していたわけで、逆に考えるとそれ以上の年代では、圧倒的に保有したことがない人が多数。



ものすごく狭い世界の中で、上がったや下がったやと、右往左往しているということ。



浮いてる存在だと言う自覚を持ちましょう^^



だから、今の状況と言うのは、誰かに仮想通貨の話しをする機会があったとして、「何言ってんだコイツ!?」「なんか、おかしな事始めたんじゃね?」と言う、



変な目で見られてもへっちゃらなメンタルが必要



昨年、2017年は仮想通貨元年などと言われていましたが、まだまだ先行者です。



そんなわけで、インサイダー、はめ込み、仕手、詐欺、その他有象無象が闊歩する今の仮想通貨を取り巻く状況を、華麗にスルーして、横目で涼しく見ながら、ゆっくりと取り組んで行きましょう!^^






北の国が熱い!!

[フランクフルト/ミラノ 10日 ロイター] - 仮想通貨のマイナー(採掘者)が、安い電力と、サーバーの冷却に適した低い気温を求め、ノルウェーやスウェーデンに拠点を移しつつある。 (中略) スウェーデンの国有電力会社バッテンフォール[VATN.UL]とノルウェーの同スタットクラフト[STATKF.UL]にとって、仮想通貨のマイナー向けの電力供給は小さな部分に過ぎないが、それでも両社はこれを商機と受け止めている。


仮想通貨は、取引するときに「承認」と言う作業が必要になります。

私たちが、普通に取引する裏で行われていることなので、取引だけをしているとあまり気にすることはありません。



この、「承認」するための検証作業を行うことに対しての報酬として、仮想通貨が新たに供給(発行)されるのです。

これをマイニングと言います。

一般に、検証作業を行うコンピュータは高性能なものが必要で、グラフィックボードや、専用のチップ(ASIC)を使ったものまで、さまざまです。



そして、この検証作業の結果として、仮想通貨が発行されるわけですから、みな、効率を追求します。

たくさん検証して認められれば、それだけたくさん仮想通貨がもらえますから!



効率よくマイニングを行うにはその通貨に対する効率のよいマイニング機器と、それを動かすための多くの電力が必要です。

そうすると、何が起こるかと言うと...



マイニング機器がとても熱くなります(笑)



そしてマイニングルームも当然暑くなるのです。それはもう、半端ないくらい



だから、突き詰めていくと、電気が安くて、涼しいところを探す!!



当然ですよね。



そんなわけで、いま、さまざまなマイニング業者が北欧の安い電気を求めて集まってきている。

そして、国の電力供給会社はこれをチャンスと捕らえている。



これまで、あまり経済的な面ではそれほど話題に上ることがなかった国が、仮想通貨の盛り上がりと共に注目される状況になると言うのは、仮想通貨の面白い側面ですね。



こんなニュースが出るタイミングで、たとえば、東芝さんが、「ノルウェーと、スウェーデンで原発受注!」「国とマイニング業者とタッグを組んで仮想通貨立国へ!」とかリリースしたら、あっという間に逆転劇を演じれる。。。



なわけないか(笑)



このマイニングと言うのは、上手に使えば税金の節約にもなりますから、いずれこのブログでも取り上げます。

Faucetでちまちま貯めているうちは、まだ、税金の心配なんてする必要ないです(笑)



前の記事で書いた、「ハピタスでもらえる6000ポイントを出来るだけ取りきる」、はこの後書きます。

ではっ!

あっ、こういうの、記事の中に貼ってみました。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ポチッって応援してください!


ハピタスで貯めたポイントをビットコインに!実践編

0 Comments
きょん
 ハピタス経由でbitFlyerへの口座開設の申し込みは無事に出来ましたか?
こんばんは、きょんです。

昨日の記事では、後半最後の部分で一気にハードルが上がってしまいました!?
本人確認が終わるまで、時間があると思うので、今のうちにハピタスでポイントを稼いでおきましょう。

ポイントサイトと言えば、最近はやりのもっぴーや、すぐたまのポイント集約先であるネットマイル(3/19から)でもポイントをビットコインに交換できるようになりました。

紹介ポイントがおトクなキャンペーンをやっているのでリンク貼っておきます。
これはもっぴー↓
お金がたまるポイントサイトモッピー

すぐたまはこっち↓
無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま

ちなみにネットマイルは、FaucetのCOINPOTみたいに、いくつかあるポイントサイトのポイントを合算して貯めることが出来るポイントサイトです。

私の主観になってしまいますが...
ポイント自体をマメに稼ぐ(Faucetでやるみたいに)ならば、ハピタスより上の二つが貯まりやすいです。
同じ時間をかけるなら、Faucetよりは貯まるかな。
ハピタスは、主にネットショッピングするときに必ず経由するというような使い方が便利。

では、なぜ私がハピタス押しかと言うと、それは

bitFlyerの口座開設を作るのに一番おトクに作れる
さらに、
4月20日まで(あと10日!)なら、さらに1000ポイントをもらえる
からです。

なので、まだの人は登録してみてください。
今なら、私もあなたも1000ポイントもらえるので!><
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ハピタス~bitFlyerで軸を作っておけば、その後は数あるポイントサイトを活用して貯めたポイントでどんどんビットコインを増やしていくことが出来ます。

まずは、口座開設でもらえる6000ポイント+αを活用しながら取引するというのは、仮想通貨取引の入門としてはアリなんじゃないでしょうか?

先に書いたように、ポイントをビットコインに交換できるポイントサイトは、ハピタスの他に、老舗のネットマイルでも3/19から交換できるようになりました。

これまで、ポイントと言うと、マイルに換えるか、現金、電子マネー、Amazonギフトやその他のポイント、いずれも主にポイントを「消費」するために交換する感じでしたが、ビットコインに交換できるようになったことで「投資」に使える(しかも直接)ようになったんですから、これを利用しない手はないでしょう!!!

つまり、ポイントの交換行為自体が既にビットコインの時価による取引になってるわけです。

そう、もうあなたはその時点で仮想通貨を取引してるのです!^^

では、実際にハピタスのポイントをビットコインに交換してみます。

ポイント交換実践編

1.ハピタスの画面右上の「ポイント交換」をクリックします

ハピタス ポイント 交換 

2.画面中央左の「ポイント交換先」のリストから①「ビットコイン」を選択して②「交換申込み」をクリックします。

ハピタス ポイント 交換 

赤下線で示しているところに100ptで交換できる目安のビットコインが示されています。
このレートだと、1 BTC=745489.78JPY で交換することになりますね。
この記事を書いているときのbitFlyerのマーケット情報がこちら

bitFlyer マーケット情報 

と言うわけで、販売所での中値にほぼ相当する時価と考えておいていいでしょう(※後述)。

3.秘密の質問に答えます
ハピタス 秘密の質問 

4.①bitFlyerの口座番号、②交換するポイントを入力します
ハピタス 交換

手数料は太っ腹の0です。(とは言っても、即時取引を行うため、板取引ではなく、販売所での購入の形ですから、bitFlyerの手数料分は乗っています)
初めて交換を行うときには、下のように、氏名、フリガナも入力を求められますので、正確に入力してください。
ハピタス bitFlyer 交換 初回

5.最後に確認をクリックすると、確認画面が出てきますので、パスワードを入れて「交換する」をクリックします
ハピタス 交換 確認

6.次の画面が出てくれば交換完了です。
ハピタス 交換 完了

交換の記録

実際に先日(3/31)交換した記録はこの通りハピタスのポイント通帳に記載されます。
このときの目安のレートとして示されていたのは100 pt = 0.00013446でした。

ハピタス ポイント交換 通帳
bitFlyerでの取引記録ではこのように記載されます。
今日、この記事を書くためにまた2000ポイント交換してみましたので、このような記録になっています。

bitFlyer 取引 

取引種別が「受取」となっていることから、決して、日本円が入金されて、自分の口座内で自動的に取引されるわけではないという事が分かります。当たり前ですが。

この仕組みは、bitFlyerが提供しているbitWireで実現されています。


bitWireについて少しだけ

bitFlyer bitWire 

bitFlyerのお取引レポートの中に「bitWire」というタブがあります。それが上の画像ですが、bitFlyerでは毎日ログインするだけでビットコインがもらえる、ログインボーナスというのがあります(Faucetより貯まるよ!^^/)。

それも、このbitWireという仕組みを利用して実現されています。

これで、マーケット価格と、ハピタスで提示されていた交換レートとの微妙な差異があった理由が分かりました(bitWireは手数料が1%なので)

bitWireについて詳しく書くと、それだけで記事になるので、簡単に書きます。

送金側、受取側双方がbitFlyerの口座を持っていることが前提ですが、

ショップなどでの即時決済や、個人間での送金をメールアドレスだけで即時行えるようにする、オフチェーン取引を可能にする仕組み。

です。

分からなくてもまったく問題ないです。ビットコインは送金が遅いだの何だのといわれてるのを、ネットショップなどでも手軽に便利に決済手段として使えるようにする仕組みだと思っておけば大丈夫です。
あ、ちなみにbitWireですが、bitWire(β)(個人間でのメールアドレスでの送金)は手数料無料です。





というわけで、ハピタスのポイントを、ビットコインに交換するまでを見てきましたが、いかがでしたか?
やっぱり難しいですか?

なにはともあれ、無事にハピタスのポイントをビットコインに交換するところまで来ました。

いろんな裏方の仕組みを説明するための横文字が出てくる時点で、まだまだハードルが高い仮想通貨です。

でも、それこそインターネットが急激に広がったとき以上のスピードでさまざまな開発が進んでいます。

知っていますか?昨年1年間で、実際に仮想通貨を保有していた人はわずか2%ほどだって。

興味はあっても、クラスに1人も持ってないわけですよ。

そんなハードルを少しでも下げつつ、これから仮想通貨始めてみようという人たちへの一助になれば幸いです。

次回は、そのあたりのレポートから始めて、ハピタスでもらえる6000ポイントを、いかにリスクを減らして取り切るかの作戦についてのお話しを書いてみようと思います。

まだの人は必見!ハピタスを利用して無料で仮想通貨投資する方法

0 Comments
きょん
こんにちは、きょんです。
コインポット系のFaucetを一通り紹介し終えて、いよいよ書きたかった得する記事を書きます^^

普通、こういったブログでは取引所の紹介やウォレットの作り方などから書いてあるところが多いと思うのですが、私はそんなこと関係なしに、無料で手に入れられるFaucetを利用して、まるでポイントサイトにポイントを貯める感覚で仮想通貨に入っていくのもアリなんじゃないかと思ってこのブログを書き始めました。

面倒なウォレットの作り方や、本人確認に時間のかかる取引所の開設手続きとかは後回しにしてでも、まずはブラウザがあれば可能なところで、仮想通貨そのものを持ってみる。そして、それを利用してみることで、仮想通貨がどのようなものかが徐々に分かってくるのでは?と思ったのです。

また、Faucetサイトを利用してみると、当然WEBでその他の情報も収集することになります。間違って誘導広告をクリックすることで、変なところに飛ばされるかもしれません。そういった経験を積むことによって、自然と知識も身についてきて、いい意味でも悪い意味でも本人に耐性が出来てくるのだと思っています

そう、仮想通貨自体、一般の人が本当に法定通貨(フィアット)のような感覚で使えるようになるには、まだまだハードルは高いのです。また、仮想通貨自体に対する漠然とした不安も払拭されているとは言えないと思います。だから、使う側にも耐性が必要なんです。少なくともまだ今の時点ではね。

だって、みなさんGOX、GOXって簡単に言うけど、銀行や証券会社やFX会社でこんな規模の額で同じこと起こったらもっと大騒ぎしません?それだけ、既に仮想通貨を始められてるみなさんは「まだ、ヤバさが残ってる領域」って自覚も耐性も(要するに自己責任だという感覚を)持っておられるのですよ...

仮想通貨に対する漠然とした不安って...
今でこそみなさんは当たり前のようにインターネット上でカード情報を入力して買い物をしてると思います。
インターネットが普及して、ブラウザを使って買い物が出来るようになり始めたころに、「ネットでカード情報入力するのは怖い」とか、「注文はネットでするけど、支払いはコンビニか振込みでしかしない」とか、今考えるとわけの分からないことを言っていた人たちがたくさんいました。その人たちのかかえていたものは「インターネットというモノに対する漠然とした不安」で、それと同じように見えてしまうんですね。

少なくとも、まだ訪問者も少ない私のブログを今、見に来てくださってる(見にこれてるw)方は、情報収集などおちゃのこさいさいな方が多いかと思うのですが、まだまだこれから本当の初心者さんたちが普通に仮想通貨に接することが出来るようになる時がくるまで、仮想通貨への接し方や道筋のひとつとして書き続けて行けたらと思っています。

今の仮想通貨やブロックチェーン技術を取り巻く状況が、インターネットの黎明期と被って見えてしまうのは、私も年を取ったからなのでしょうか?(まだそんなに年じゃないですよ!?)

そんな、盛り上がっていくのは本当はこれからなんだよぉ~!という思いを伝えたいこともあって、このブログの最初の記事のタイトルを
仮想通貨が盛り上がるのはこれから!だから最初は無料で仮想通貨
にしました。

そう、今、仮想通貨相場が悲観的な状況である(特に去年秋以降始めた人たちにしてみれば)とか、それは単にゼロサムゲームの相場の世界だけのお話し。おそらく後から見れば、これからもっともっと仮想通貨+αが盛り上がって、仮想通貨やその基盤技術であるブロックチェーンが当たり前の状況になるまでの、通過点における現象でしかないわけです。

仮想通貨で手っ取り早く億り人になる事を目標にするのじゃなくて(その目標に対する行動を否定しているわけではないですよ)、仮想通貨そのものを出来る範囲で貯めていけばいいじゃん。仮想通貨や、その背景の技術が本当に素晴らしいもので、それに自分が本当に期待しているなら。

と思いながらこのブログを書いているきょんなのです。

なんだか、今日は日記のようになってしまってます...

とりあえず、このあたりで時間経過してると思うので、Faucetポチッとしてきてください。

えっ、Faucetやってないですって!?

じゃあ、これを読んでとりあえず登録してきて。話しはそれからよっw



前置きが長くなりすぎました。今日は、

お金をもらって仮想通貨取引を始める

お話しを書きますね!

オィ!

え~、だってこのブログ、無料でどこまで出来る!?って言うブログだもん...

あれ?なんか、だんだん、怪しくなってきてます?w

大丈夫です。

ちゃんと最後まで読んでみてくださいね。

ポイントサイト
みなさん、ポイントサイトって利用されていますか?
私のブログの左上にある、「ハピタス」とかそういったポイント集約サイトのことです。COINPOTの偽仮想通貨版です(ちゃうっ!w)。

私は、もともとポイントを貯めるのが大好きでマイルに交換したり、Amazonの買い物に利用したりしていました。ただ、あまりマメにチェックするほうではなかったので、お得なキャンペーンとかことごとく逃したりしていました。
逆に、ポイント達人の方たちは、ポイントの2重取り、3重取りとそれはまぁ、Faucetポチッポチッに勝るとも劣らない時間と労力をかけて情報を収集して、お得に貯めてるわけですね。素直に凄い!!と思って、実際にやり方を教えてもらってからは、私も上手に利用させてもらってきました。

そんな中、久しぶりにハピタスにログインしたときに、まず目についたのが、

ポイントの交換先にビットコインがある!!!

事でした。むむっ!
もうそんなことまで出来るようになっていたなんて...

しかも、FXの口座開設やクレジットカードの申し込みでたくさんもらえるポイント(FX会社の口座開設やクレカは結構ポイント高いのです)に引けを取らない額のポイントが設定されている仮想通貨取引所の口座開設がある!

これは!!是非ブログに載せて紹介したいっ!

と思って、ブログを開設した当初からハピタスのバナーは左上に貼ってあったのです。
いつでもすぐに紹介記事が書けるようにと思って...

ところが、わたし、ブログなど書くのも初めてなものですから、まずは何をどうやったらいいのか分からないところからスタートでした。

見た目はテンプレートを変えればいいのかと、いろいろ変えてみたり、意味も分からず設定をいじり過ぎて、さらによく分からない状態になったりして、そうこうしているうちに...
年度末だからか、単にキャンペーンの区切りだったのか分かりませんが、

紹介したい仮想通貨取引所の広告が無くなっていた!

しょぼーん...><

その後、しばらくは、COINPOTで新しい話題がタイムリーに出たせいでおかげで、書き始めたCOINPOT系のFaucetの記事を書くのに精一杯でした。

奇跡の復活!?

そして、今日久しぶりに行ったら、なんと、復活!

\(^^)/

しかも、私が以前に見かけて、おっ!!って思ったポイントのまま...

それが、これ

ハピタス Bitflyer 登録



なんと、6000ポイントももらえる!!!



で、ちゃんと但し書きにありますね、
※日々の広告利用可能人数があり、上限に達した際には、急遽掲載を停止...



見かけたのに無くなっていたのはこういうことだったんですね

そして、
ハピタスで貯めたポイントをBitcoinに交換するためには、bitFlyerの口座が必要
なんです。
ハピタス ポイント交換 BitFlyer Bitcoin 






ハピタスbitFlyer

このハピタスbitFlyerのコラボ、プラス、この時期にやっているキャンペーンを利用してめちゃめちゃお得に、というか、リスクはゼロでしょ!?と言ってもいいくらいの条件で仮想通貨取引を始めてみましょうということなのです。

大まかな流れを書いてみます。カッコ内は獲得できるポイントです。
1.ハピタスに会員登録する(1000pt)※2018.4.20まで
2.bitFlyerの広告経由でbitFlyerの口座開設を行う
3.規定量の取引を行う(6000pt)


これで、合計7000ポイントが貰えてしまいます。

もう一度書きます

7000円相当のポイントがもらえるのです!

嘘みたいなおいしい話で怪しさ満点ですか?
でも、せっかくここまで読んでくれたのですから、最後まで読んでみてください。
その前に、そろそろ時間です。ポチッって来て下さいね^^

えっ、まだ。。。以下略

1.ハピタスに会員登録

まず、ハピタスに登録しないことには事が進みません。
で、あともう10日くらいしか残ってないですが、今はこんなキャンペーンをやっています
ハピタス 紹介 登録

1000ポイントは、1000円相当のポイントです!
通常は、紹介した私に100ポイント、登録してくれたあなたには30ポイントがもらえます。
つまり、今このタイミングで、私が紹介してハピタスに登録してくれたら、登録したあなたも私もめちゃめちゃハッピーなわけです。
(でも、新規登録は大抽選会の当選確率+5倍って、そろそろ会員の伸びが頭打ちなのでしょうか?)

ハピタスは、ポイントサイトの中では老舗と言ってもいいくらいのところですし、このブログを見に来てくれている中でどのくらい未登録の方がいるのか分かりませんが、まだ登録してない方が居れば、是非この機会に登録してくださいm(__)m

何がトクするかって、たとえば、普段楽天で買い物をよくしている人であれば、楽天ポイントって貯めてますよね?
ハピタスに登録した後はどういう風になるかと言うと、まず、ハピタスにログインして、ハピタスの中の楽天広告経由でお買い物するようにするわけです。そのひと手間をかけることによって、

楽天ポイント以外に、さらにハピタスのポイントが貯まる!

使わない手はないと思いませんか?

と言うわけで、未登録の方はまずは、ハピタスに登録してください。

2.bitFlyerの口座開設

ハピタスへの登録が終われば、次はbitFlyerの口座を開設します。
登録自体はメールアドレスがあればすぐに出来ます。本当に簡単です。

ただし、手順として間違えると致命的なのが、
必ずハピタスにログインしてから、ハピタス内のbitFlyerの広告経由で口座開設を行う
ことです。
ハピタスに慣れている人にとっては、当たり前すぎて何でもないことかもしれませんが、今回初めて登録した人は、このことに気をつけてくださいね。

この記事にbitFlyerの口座開設のリンクを貼っていますので、もちろんそこからでも口座は作れます。
でも、それだと私にはアフェリエイトの報酬が入るので得しますが、口座を開設した人には何もありません。
6000ポイントもらえません!
何のためにハピタスに登録したのか意味が無くなるので、もう一度書きます

ハピタス経由でbitFlyerの口座を開設してくださいね

しつこく書くのは、なぜか!
先ほど書きましたが、私はハピタス昔から使ってました。でも、bitFlyerの広告を知らなかったので、普通に口座開設してしまったのです。
なんという情報弱者、というか無知すぎ...
せっかくこの記事にたどり着いたあなたは、こんなもったいない事をしないでくださいw

じゃあ、bitFlyerのアフェリエイトリンクを貼ってるのはなぜか!
もしかしたら、心の優しい奇特な方がいて、直接登録してくれたあと、本人確認を完了してくれて、50001円以上まず入金してくれて、100万円分以上販売所でコインを売買してくれる、かも知れないから...(それぞれbitFlyerのアフェリエイト獲得条件です)

スイマセン、話しがそれました、続けます




登録が終わると、本人確認の手続きを行います。
この本人確認の手続きが完了しないと、入金は出来ても、実際の売買が出来ないという詐欺Faucetサイトみたいな状態になりますので、必ず本人確認を行って、取引クラスをトレードクラスにしてください。この手続き(bitFlyer側)が少し(数日単位で)待ちの時間が発生するところです。

申し込む本人自体の確認手続きにかかる手間は、免許証などをスマホで撮って送るだけと、とにかく手間をかけずに登録する工夫はされているので、難しいところは無いと思います。

この口座開設手続き自体が「手順を解説してくれてるサイトがないと出来ない」「難しい」と言う方は、まだ現時点では、仮想通貨売買へのハードルは相当高いと思うので、もうしばらく情報収集に専念したほうがいいかも知れません。冷たい書き方でごめんなさいなのですが、本当に難しいところはないですから、これくらいはクリアしてください。

3.規定量の取引を行う

bitFlyer側で無事に本人確認の処理が終わると、「転送不要の書留郵便」が送られてきます。
これで無事にトレードクラスになり、Bitcoinの売買が出来るようになります。
(本人確認完了=トレードクラスになる、という事です)

そして、6000ポイントを獲得するためには、いくつか条件をクリアする必要があります。
詳細な条件は

ハピタス bitFlyer 条件 
要は今のレートで言うと合計150,000円程度の取引をして、月末に日本円換算で25,000円の残高があること。
条件最後の「月末締め日時点で...」書き方だけ少し曖昧ですね~。
0.2BTC分の取引完了した月の月末(取引高合計の条件をクリアした月、つまり条件判定する月の月末)と言う認識なのですが、ハピタスに一度問い合わせてみますので、追記としてこのブログに掲載することにします。

15万円も先に必要なのかよ!?ゴルァ!!

と、思ったあなたはせっかちさんです。

合計0.2BTC以上の取引完了というのは、今のレートで言うと約150,000円ですが、その金額を用意しなければならないわけではなく、5000円分のビットコインを30回売買すればいい計算なのです。1万円であれば15回程度の売買をすればクリアです。

月末に25,000円の条件判定が微妙なので、安全を期するなら30000円程度は入金しておいて、売買してみることです。
株でもFXでも同じですが、相場ですから損する事もあるでしょう。でも、6000円分は返ってくるのですから、リスクなしでビットコイントレードを始めることが出来る、という事には変わりありません。

bitFlyerという取引所は、Bitcoinは板取引出来ますが、その他のコインは販売所形式です。好きな値段で売買出来る(けど、売買成立するかどうかは...)か、好きなタイミングで売買出来る(けど、値段は決められた値段)かの違いです。
数ある取引所のなかから、一押しでおすすめするかどうかは別にして、今回のゴール、「お金を貰って仮想通貨取引をする」ためには必須であり、また貰える額も大きいと言う意味で今回おすすめしました。
仮想通貨の取引をお金を貰って経験出来るのですから、これだったらFXでもう相場はこりごりという方も、安心して始められませんか?

無事に合計0.2BTC分の取引が完了すれば、そこから約60日後には6000ポイントが付与されます。
月末の残高条件だけが気になりますが、無事にここから登録された皆さんがゲット出来ればいいなと思います。

最後に

bitFlyerで取引を考える際に大事なことなので書いておきます。

ビットコイン簡単取引所では、売買に際してMax0.15%の手数料がかかります。ですから、15万円分の取引をすれば、損益は別にして225円ほど手数料を取られることになります。

販売所の利用では中値から5%程度上下の値段で売買価格が決められていますから、何度も売買を繰り返すのであればすぐに6000円分のポイントなんて吹き飛ぶ可能性が高まります(買った時点で10%程度の含み損を抱えるという事で、それだけ値上がりしないと損益トントンにさえならない)。

bitFlyer Lightningの利用では、手数料は安く(スプレッド分のみ)済みます。尚且つ、信頼できる二人で裁定取引に徹すれば、6000円分のポイント(二人で12000円)はスプレッド分を除いてリスクなしでほぼ全額もらえることになります。

どれを使って、0.2BTC分の取引高を30日以内に達成するか。その時に、貰える6000ポイントで補填しなければならない状況なのか、儲かってまっせー!なのか!?
少なくとも6000円分のリスクヘッジはしてくれているので、それをどう活用して稼ぐかを、実際に試行錯誤してみてください。

但し書きにあるように、どう考えてもオトクすぎる報酬だと思うので、もしかしたらまた消えてしまうのかも知れませんから、これを読み終わったら直ぐに、いますぐに、ハピタスの登録と、bitFlyerの口座開設してください!!!!
みたいな煽り方はしませんw

今日のブログで書いてあるポイントをすべて貰うためには、まだbitFlyerの口座を開設していない方が対象になりますが、既に持っているけど、ハピタスを活用されていなかった方はこれを期にハピタスを利用してポイントも貯めてみてはいかがですか?

次回は、ハピタスの中でもお得なポイント広告と、私が実際にポイントをbitFlyer口座のBitcoinに交換したときのお話しを書こうと思っています。

それではみなさん、つたない、長い文章を最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。